ダイエッターにおすすめアイテム

血糖値が気になる&たんぱく質不足解消に

(ボーンブロス)

スープスープ かつお こんぶ 無添加出汁(砂糖、塩不使用)

丸とりダシ ・・ 液体 ボーンブロス

AKRフードカンパニー ・・ 豚・鶏 骨が売っています。その他スープのレトルトあり

ぱりこ  ・・ (おやつ)食べるかつおぶし 

●手作り野菜スープ(ファイトケミカル=抗酸化物質を沢山摂ろう

ファイトケミカルの多くは、食物繊維の脂肪壁に包まれている。加熱することによって、細胞壁が壊れ、成分が溶け出し、野菜のスープにした方が、有効成分の吸収率が高くなる。野菜のビタミン C はスープに溶けだしそのまま残っている。

野菜スープ レシピ例


出来上がり 約 800~900ml
タマネギ、ニンジン、キャベツ、カボチャ…合わせ約 200g
クレソン、小松菜…合わせて 100g
野菜はよく洗っておく。(この中から、4~6 種類を選ぶ)
水…900ml 野菜と水の分量は、1 対 3 が目安

作り方
① タマネギは皮をむき一口大に切る。

 ニンジンは皮をむかず、一口大に切る。

 キャベツはざく切りにする。

 カボチャは種のみ取り除き、一口大に切る。

 セロリは小口切り葉もざく切りにする。

 トマトはヘタを取り除き、ざく切りにする。

② 鍋に①の野菜を入れ、蓋をして火にかける。

③ 沸騰する直前に火を弱め約 30 分、野菜が柔らかくなるまで煮る。

④ 出来上がり。味付けはしなくてもよい。物足りない場合や食欲がないときは、好みで調味料を加えてもよい。

⑤ ポタージュにする。

④のスープが冷めてから、ハンドブレンダー又はミキサーで攪拌する。

基本の食べ方
⚫ 野菜スープは、1 回の食べる量は、250~30ml です。
⚫ そのまま食べてもよいし、ポタージュにしてもよい。
⚫ 味つけの調味料 黒コショウ カレー粉 醤油 みそ 塩など

お取り寄せ弁当

フィットフードホーム ・・ 冷凍ダイエットミール

ナッシュ ・・ 冷凍 低糖質食品

SLクリエイション ・・ 無添加に拘る

ママの給食 ・・ 出産後のママ向けですが、栄養が考えられています。

胆汁ケアで腹部の脂肪減

おすすめ食材  こんにゃく  きのこ(とくに舞茸)

植物繊維を積極的に摂ると、良いこと沢山あり♪

鉄分ケアにおすすめ

●かぼちゃのたね  ・・ペポナッツ

●にがり  ・・ スーパーに売っています

●塩(マグネシウム量が高く塩分が少ないものを選ぶことがポイント)  

ぬちまーす

たんぱく質について

●1日に必要な量は約50グラム

向かって左・・アミノ酸スコア 100のもの  肉、魚、卵、豆腐

ポイント

お肉、魚、豆をバランスよく食べてください。

ひとつの栄養素では不足する部分があります。沢山の栄養素を摂るように心掛けてください。

ご予約・問い合わせ

 
 
●住所
〒327-0843栃木県佐野市
堀米町1682-6
●TEL
050-3740-8052
(ご予約お問合わせ専用)
※お電話について
施術中電話に出られないことがあります。恐れ入りますが、留守番電話にお名前とお電話番号を入れてください。折り返しご連絡させていただきます。
●e-mail
lino@lymph-meguru.com
●LINE

●営業時間
9:30~21:00
(最終受付:19:00)
●定休日
日曜日・月曜日